海にすむ貝類。

「伊勢の海の浦の―拾ひあつめ」〈古今・雑体〉

《「潮が間 (あい) 」の音変化か》潮が引いてから満ちてくるまでの間。しおま。

「伊勢の海の清き渚に―になのりそや摘まむ貝や拾はむや玉や拾はむや」〈催馬楽・伊勢の海〉