• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

しおけむり(塩煙)」に同じ。

「浦風に焼く―吹きまどひたなびく山の冬ぞさびしき」〈拾遺愚草・上〉

しおけむり(潮煙)」に同じ。

「蹄 (ひづめ) に蹴立つる―」〈浄・百人上﨟〉