ユリ科の蔓性 (つるせい) の多年草。原野や山林に自生。葉は卵形。雌雄異株。夏、多数の淡黄緑色の小花を球状につける。若芽は食用。

馬具の名。鞍の前輪 (まえわ) 後輪 (しずわ) の左右の4か所につけた、金物の輪を入れたひも。胸繋 (むながい) 尻繋 (しりがい) を留めるためのもの。