仙術によって、肉体を残したまま、魂だけ体外へ抜け出ること。

「―の仙人権者の化現のようなる奇瑞 (きずい) あるべき筈なし」〈露伴・新浦島〉

[名](スル)会の進行をつかさどること。また、その役。「友人の結婚式を司会する」「司会者」
  1. 仏語。4種の戒め。作法どおり戒師から受戒し戒体を得て悪業 (あくごう) を除く解脱 (げだつ) 戒、色界四禅に入ることによって止悪の働きを得る定共戒、見道以上の聖者が得る道共戒、三毒を断じて悟りを得る断戒。

  1. 剣道で、心の邪念として戒めている、驚く、恐れる、疑う、惑うの四つ。

  1. 四方の海。よものうみ。

  1. 《四方の海の内の意》国内。世の中。天下。また、世界。「四海を掌握する」「四海同胞」

  1. 仏語。須弥山 (しゅみせん) を取り巻く四つの外海。

  1. 天・地・水・陽の四つの世界。

  1. 仏語。地・水・火・風のこと。→四大 (しだい) 1

  1. 市議会の旧称。昭和22年(1947)地方自治法の制定により改称された。

  1. 市議会」の略。「市会議員」

[補説]1で、横浜名古屋京都大阪神戸の議会は現在も「市会」と称する。

火の気がなくなり冷たくなった灰。また、生気のないもののたとえ。

「頭 (こうべ) を垂れて、―の如く控えたから」〈鏡花高野聖

Dead Seaヨルダンイスラエルとの国境にある塩湖。面積約1020平方キロ。水面が海面下397メートルにあり、世界で最も低い。流出河川はないため塩分濃度が高く、生物はほとんど生存しない。聖書にまつわる史跡が多い。

中国の六朝時代に、怪異に関する話を記録した短編小説類。「捜神記」など。

  1. 目で見通すことのできる範囲。視野。「濃霧で視界がきかない」

  1. 考えや知識の範囲。「将来を視界に入れた発言」

その道を専門とする社会。この社会。この分野。「斯界に名を馳せる」「斯界の長老」

文章や詩歌の豊富なことを広大な海にたとえていう語。

「汪洋たる―想海のいずこに漂うとも」〈蘆花思出の記

詩人の社会。詩壇。

出典:青空文庫