• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. はかりごとをめぐらして、人をだます者。

    1. 「借銭の宿にも様々の―あり、油断する事なかれ」〈浮・永代蔵・五〉

  1. 色仕掛けで男をだまし、金を巻き上げる女。

    1. 「同じ牢人の娘を―にして大分我をねだらせ、金子百五十両取り申し候」〈浮・文反古・四〉

特殊な仕掛けのしてあるもの。特に、芝居の大道具・小道具・衣装・鬘 (かつら) など。