1. 口に出してとがめること。「社長のお―を受ける」

  1. 江戸時代、庶民に科した最も軽い刑罰。白州 (しらす) に呼び出してその罪をしかるだけにとどめたもの。軽重2種あり、重いものを屹度 (きっと) 𠮟りといった。

[動ラ変]《副詞「しか」にラ変動詞「あり」の付いた「しかあり」の音変化》そのようである。そのとおりである。そうである。「―・り、君の言うとおり」
  • 「俗語などは、はかなきもののようなれども、なかなかに―・らず」〈逍遥小説神髄