植物の維管束篩部を構成する主要素。葉で作られる同化物質を下へ流す通路で、細長い細胞が縦につながった管状の組織をなす。細胞の境の膜(篩板)に多数の小孔がある。ふるい管。

  1. 下士官に対して、将官佐官尉官をいう。将校。

  1. 上級船員の通称。

妊娠中毒症の一種。妊産婦が突然、全身の痙攣 (けいれん) 、失神などの発作を繰り返す状態。

十二支十干。えと。干支 (かんし) 。

樹木で、主幹から分かれて出ている幹。→主幹

水道管やガス管などで、本管から分かれて使用者の所まで引かれている管。

  1. 天台宗で、禅定 (ぜんじょう) により心の動揺を払って一つの対象に集中し、正しい智慧を起こして仏法を会得すること。

  1. 天台宗の異称。

  1. 摩訶 (まか) 止観」の略。

[名](スル)
  1. 官職に就くこと。役人になること。

  1. 浪人していた武士が大名などに召し抱えられて仕えること。

歴史編纂 (へんさん) に従う官職。特に、古代中国で、文書・記録の任にあたった官。

歴史を全体的に把握し、解釈するときの基礎的な立場・考え方。歴史観。「皇国史観」

[名](スル)《慣用読みで「ちかん」とも》ゆるむこと。たるむこと。「筋肉が弛緩する」

死をもって主君に忠告すること。

「腹をかっ切って―を進めるのが、臣下としての本分じゃ」〈菊池寛・忠直卿行状記〉

弦楽器管楽器。糸竹。また、音楽のこと。管弦。

一個人として抱く感想。

公使館」「大使館」などの略。

  1. えだとみき。

  1. 手足と胴体。また、末と本 (もと) 。

死体を相手にして性交すること。

神社の祭礼・社務に携わる人。かんぬし。神官。

視覚器官。

「人の五官の中にて―と嗅官 (きゅうかん) とを比較すれば」〈子規・墨汁一滴〉

視覚 (しかく) 」に同じ。

「魚の―を研究した人の話によると」〈寅彦・芝刈り〉

歯茎よりも上側に、冠状に出ている歯の部分。象牙質をエナメル質が覆っている。

詩を集めた書物。詩集。

歯と歯のあいだ。歯と歯のすきま。

スパン2