[動ラ五(四)]

  1. 境を作って他と区別する。隔てとなるものを設けて、いくつかの部分に分ける。「大部屋を二つに―・る」

  1. ある範囲の物事を掌握し処理する。取り仕切る。「一人で会の運営を―・る」

  1. 帳簿または取引の決算をする。「三月末に―・る」

  1. 相撲で、両力士が土俵中央仕切り線の所で、両手を土俵に下ろして立ち合いの呼吸合わせをする。仕切りをする。「腰高に―・る」

[可能]しきれる
[動ラ五(四)]《動詞「し(頻)く」と同語源》
  1. 続いて起こる。

    1. 「八日ばかりの物忌―・りつつなむ」〈かげろふ・中〉

  1. 産気づく。

    1. 「中宮はひまなく―・らせ給ふばかりにて」〈平家・三〉

  1. 動詞の連用形に付いて、しきりに…する、盛んに…する、の意を表す。「雨が降り―・る」

出典:青空文庫