物事の成り行き。事の次第。特に、思わしくない結果・事態。「このような仕儀に立ち至り面目次第もございません」

《「四威儀」の略》仏語。平常の起居動作である、行・住・座・臥 (が) の四つ。また、その作法。

市議会議員」の略。

[名](スル)
  1. 自分一人の意見。個人的な意見。私見。「私議を建白する」

  1. 陰で批評すること。

    1. 「英国に於いてすら、今の女皇万歳の後は云々と―する者ありと云う」〈福沢福翁百話

[名](スル)あれこれ思いはかること。考えをめぐらすこと。
  • 「重吉も自分には―すべからざる一種の感に打たれて」〈柳浪・河内屋〉
  1. 重量挙げや跳躍競技・投擲 (とうてき) 競技などで、一定回数許される演技の一回ごとの演技。

  1. 試合の前の予備的な演技。トライアル。

チドリ目シギ科、およびその近縁の科の鳥の総称。海・干潟・川などの水辺にすみ、くちばしが長く、貝・カニ・ゴカイなどを食べる。約90種が南極を除く全世界に分布。シギ科の大部分は北半球北部で繁殖し、熱帯地方や南半球で冬を過ごす。日本では渡りの途中の春と秋にみられる。イソシギダイシャクシギタシギなど。 秋》「―立つや礎 (いしずゑ) 残る事五十/漱石

[補説]「鴫」は国字。

出典:青空文庫