[副](スル)
  1. 声をひそめて弱々しく泣くさま。「子供が―(と)泣く」

  1. それほど激しくはないが、絶えず痛むさま。「腹が―する」

[副]《動詞「し(頻)く」を重ねたものから》絶え間なく。しきりに。
  • 「奥山のしきみが花の名のごとや―君に恋ひ渡りなむ」〈・四四七六〉

出典:青空文庫