• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[副](スル)
  1. 食べ物をかんだときの、弾力に富んで、歯ごたえがあるさま。「しこしこ(と)した歯触り」

  1. 持続的に地味な活動をするさま。「今でも小人数で読書会をしこしこ(と)続けている」