ごくわずかなこと。

「一人の身体、―の分子と雖 (いえど) も」〈中村訳・[下接句]西国立志編

朝廷から高僧に与えられた称号。大師・国師・禅師など。「師号を賜る」

神社の呼び名。

ウサギの毛で、濃い紫色をしたもの。また、その毛で作った筆。

「―をふるって手づから御作を書き」〈平家・四〉

きわめてすぐれた詩人。詩伯。

《「毫」は筆の意》かきぞめ。

貴人・僧侶などに、その死後、生前の行いを尊んで贈る名。贈り名。

[名・形動]物などがこの上なく強くてかたいこと。人の性質がこの上なく剛健であること。また、そのさま。「至大至剛」