• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

クラゲなどの腔腸 (こうちょう) 動物の体表にあり、刺胞を内蔵する細胞。

光を受容することにより感覚を生じる細胞。下等動物では、散在するものと、集まって視覚器となるものとがある。高等動物では多数が集まって目の網膜をつくる。