1. 四方を山河で囲まれている要害の地。しそく。

  1. 四方をとりまくこと。しそく。

    1. 「諸邦大霧―す」〈村田文夫・西洋聞見録〉

《「司」「宰」ともに、つかさどる意》儀式などを、管理・監督すること。また、その人。

カトリック教会ギリシャ正教会聖公会の聖職者。カトリック教会では司教の下位にあり、ミサを執行し、洗礼などの秘跡を与え、説教をするなど教会の儀式・典礼をつかさどる。

地方債の一。市が歳入の不足を補うために発行する債券。公共施設の整備などの資金として借り入れ、一会計年度を超えるものをいう。

  1. 個人が行う祭祀 (さいし) 。

  1. 神社で、公式の祭り以外に行う祭祀。

  1. 個人の邸内にある社で行う祭祀。

個人の債務。私人の負債。

詩を作る才能。

[名・形動]

  1. 事細かであること。また、そのさま。詳細。「―な検討」「―に述べる」

  1. 詳しい事情。一部始終。「事の―を記録に残す」

  1. 特別の理由。こみいったわけ。「―があって話はできない」「―ありげな面持ち」

  1. 差し支えとなる事柄。異議。「行くことに―はあるまい」