1. 双六 (すごろく) やばくちで、2個のさいころを振って、四と三の目が出ること。しそう。

  1. 花札の手役の一。同種の札4枚と、他の同種の札3枚とが手に来ること。

  1. 連珠で、四目と三目とが同時にできること。三四 (さんし) 。

[名](スル)四方に散ってちりぢりになること。「ガラスが割れて四散する」「一家が四散する」

私有財産。私財。

[名](スル)
  1. だいたいの見当をつけるため、計算してみること。ためしに行う計算。「費用を試算する」

  1. 計算に誤りがないかを確かめること。検算。

  1. 個人または法人の所有する金銭・土地・建物などの総称。財産。

  1. 企業会計で、貸借対照表上の流動資産固定資産繰延資産をいう。

天子から酒食を賜ること。また、その食事。