• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

宮城・岩手両県に分布する一種の獅子舞。鹿の頭をかたどったものをかぶり、胸に太鼓をつけて、8人ないし12人が一組みになって踊る。

関東地方を中心に分布する獅子舞。獅子頭 (ししがしら) をかぶり、胸に太鼓をつけ、一人が雌獅子、二人が雄獅子に扮する。花笠をかぶった四人が、四隅で簓 (ささら) を摺 (す) ることが多い。