• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 律令制で、左京職右京職大膳職 (だいぜんしき) 修理職 (しゅりしき) の称。ししょく。

  1. 室町時代、侍所 (さむらいどころ) の長官を交替で勤めた、山名一色赤松京極の四家。四殿衆。ししょく。

儀式の司会・進行を担当すること。多くキリスト教の儀式についていう。「司式司祭」

歯の数を表したもの。分母に下あごのものを、分子に上あごのものを、片側の分だけ、左から門歯・犬歯・前臼歯・後臼歯の順に数を示す。哺乳類の重要な分類の基準。