《「しじょう」とも》律令制で、中央諸官庁や諸国の主典 (さかん) の下に属し、公文書の書写や修理などに従った下級の書記官。一分 (いちぶ) の官。ふみびと。しせい。

裏づけとなる証拠。あかし。

「合戦仕 (つかまつ) って候ひつる―是にて候と」〈太平記・五〉

さしつかえ。さしさわり。「運営に支障をきたす」「少々の遅れなら支障はない」

律令制で、諸官庁に置かれた最下級の職。官掌 (かじょう) ・省掌などの総称。使部の監督・設営などに当たった。

仏語。生物をその生まれ方から4種に分類したもの。胎生 (たいしょう) ・卵生・湿生・化生 (けしょう) 。

  1. 4種の姿かたち。天体の、日・月・星・辰。

  1. 易学で、少陽(春)・太陽(夏)・少陰(秋)・太陰(冬)。

  1. 地中の、水・火・土・石。

仏語。仏道修行上の4種類の障害。ものにまどう惑障、悪業 (あくごう) のさわりの業障、悪業のむくいの報障、邪見の見障。

その市のシンボルマーク。

しせい(死生)」に同じ。

[名](スル)死ぬことと傷つくこと。「列車転覆事故で多数の人が死傷する」「死傷者」

こころざし。

「―の尊くして、品格の高き者」〈雪嶺・偽悪醜日本人〉

[名](スル)公共の金品を勝手に私用に消費すること。

公娼制度の認められていた時代に、公認されずに営業した売春婦。⇔公娼

公務を離れたときに受けた傷。⇔公傷

[名](スル)刃物などで人を刺して傷つけること。また、その傷。刺し傷。
[名](スル)突き刺すこと。また、刺激すること。
  1. 学問または武術・芸術の師。先生。

  1. 歌舞音曲などの遊芸を教える人。

  1. 寄席芸人に対する敬称。

[名](スル)弟子が師から教えを受け伝えること。師伝。「武道の奥義を師承する」

甲虫類の、かたい前翅 (まえばね) 。たたむと上になるので上翅 (じょうし) ともいう。鞘翅 (しょうし・さやばね) 。

間脳にある大きな灰白質の部分。嗅覚 (きゅうかく) 以外の興奮伝導を大脳皮質へ中継し、痛覚の知覚や運動機能の調節、感情の働きにも関係する。視丘。

  1. 文字によって表現された言葉。詩歌や文章。

  1. 謡曲・浄瑠璃など音楽的要素のある演劇作品の文章。

[名](スル)あざけり笑うこと。嘲笑 (ちょうしょう) 。
  • 「此言を聞く者、咸 (みな) 予を―して以て狂と為し」〈露伴運命

多くの詩の中から、ある目的のもとに抜き書きして書物にしたもの。

その楽譜を初めて見て、ただちに歌うこと。初見 (しょけん) 。→ソルフェージュ