• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

梃子 (てこ) などの支点にある、ささえの軸。

眼球の角膜・水晶体を通り、眼底の黄斑部中心窩 (ちゅうしんか) に入る直線。

詩のみが書かれた掛け軸。→詩画軸 (しがじく)