[名](スル)
  1. ささえもつこと。ささえてもちこたえること。「倒れかかる相手のからだを両手で支持する」

  1. ある意見・主張などに賛成して、その後押しをすること。「民衆の支持を失う」「政府の見解を支持する」

仏語。三宝に対する4種の供養のこと。衣服・飲食・臥具 (がぐ) ・湯薬の四つなど。

《慣用読みで「しいじ」とも》

  1. 1年の四つの季節、春夏秋冬の総称。四季。

  1. 1か月中の四つの時。晦 (かい) ・朔 (さく) ・弦・望。

  1. 一日中の4回の座禅の時。黄昏 (こうこん) (午後8時)・後夜 (ごや) (午前4時)・早晨 (そうじん) (午前10時)・晡時 (ほじ) (午後4時)。

  1. 死んだ子。

  1. 死んで生まれた子。

  1. 自分個人のこと。また、私生活に関係したこと。わたくしごと。「私事に立ち入る」「私事に属する」⇔公事

  1. 他人に知られたくない秘密。かくしごと。「私事を暴く」

[名](スル)
  1. 物事をそれとさししめすこと。「地図上の一点を指示する」

  1. さしずすること。命令。「指示に従う」「指示を与える」「部下に指示する」

漢字の六書 (りくしょ) の一。点画の組み合わせなどによって、位置・数量などの抽象的な意味を直接に表しているもの。一・二・三・上・下・凸・凹など。

[名](スル)師として尊敬し、教えを受けること。「著名な陶芸家に師事する」

牛車 (ぎっしゃ) から牛を外したとき、車の轅 (ながえ) 軛 (くびき) を支え、乗り降りに際しては踏み台とする台。形は机に似て、鷺足 (さぎあし) をつけ、黒漆塗りにして金具を施す。