《上代は「しつ」》カジノキなどを赤や青の色に染め、縞や乱れ模様を織り出した日本古代の織物。綾布 (あやぬの) 。倭文布 (しずぬの) 。倭文織 (しずお) り。しずり。しどり。

「ちはやぶる神の社 (やしろ) に照る鏡―に取り添へ」〈・四〇一一〉

[補説]異国の文様に対する意で、「倭文」の字を当てたという。
[名]卑しいこと。身分の低い者。
    1. 「貴人 (あてびと) 、―が身何の変わりたる所あるべき」〈藤村・春〉

[代]一人称の人代名詞。拙者。わたし。江戸時代に幇間 (ほうかん) などが用いた。
    1. 「君さへ合点なさるれば、―が聟になるぢゃげな」〈浄・卯月の紅葉

おもり。おもし。

「結びめ後に綷目 (くけめ) のすみに鉛の―を入れ」〈浮・一代男・四〉

[動ダ下二]たらす。下げる。
  • 「後れにし人を偲はく思泥 (しで) の崎木綿 (ゆふ) 取り―・でて幸 (さき) くとそ思ふ」〈・一〇三一〉
[語素]名詞の上に付いて、静かな、落ち着いている、静まっているなどの意を表す。「静心」

sudden infant death syndrome》⇒乳幼児突然死症候群

出典:青空文庫