• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《手をたたきながらうたう歌の意》

  1. 伊勢神宮で、鳥名子 (となご) 舞のときにうたわれた歌。

  1. 平安時代、しだらの神を祭るときにうたわれた歌。

[宗教・思想/神道]カテゴリの言葉

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉