• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

涙ぐんで目をしばたたくこと。また、その目つき。

「せきあげせきあげ泣きければ、浄閑も―」〈浄・寿の門松