非常に細かいこと。

「人情の―を描くような繊細な筆がない」〈魯庵・「破垣」に就て〉

他人の顔を敬っていう語。お顔。

《「紫微垣 (しびえん) 」の略》中国古代の天文学で、天を三垣 (えん) 二八宿に分けた、その一。北極星を中心とした、小熊座大熊座竜座カシオペヤ座などの星座群にあたり、天帝の住む場所とされた。転じて、天子・天位・宮廷を示す。紫微宮。

サルスベリの漢名。

《「ひび(篊)」の音変化》「ひび1」に同じ。

古代の大建築で、大棟の両端につけた飾り。中国に源があり、形は鳥の尾または魚のようで、沓 (くつ) にも似ているところから沓形 (くつがた) ともいう。後世の鬼瓦しゃちほこの祖型。

出典:青空文庫