仏語。仏道修行の妨げとなる4種のもの。心身を悩まし乱す煩悩 (ぼんのう) 魔、身体の苦悩を生じる五蘊 (ごうん) 魔、生命を奪う死魔、善行を妨げる天魔。

四魔の一。死を魔にたとえていう。

旧国名の一。東海道に属し、現在の三重県東部、志摩半島の鳥羽市、志摩市にあたる。志州。
三重県、志摩半島南東部の市。伊勢海老や鮑 (あわび) などの漁業や真珠養殖が盛ん。平成16年(2004)浜島 (はまじま) 町、大王 (だいおう) 町、志摩町、阿児 (あご) 町、磯部 (いそべ) 町が合併して成立。人口5.5万(2010)。
  1. 周囲が水で囲まれている陸地。「―へ渡る」「―国」

  1. 庭の池や泉水の中にある築山。また、池や築山などがある庭。

  1. ある仲間内の勢力範囲。また、その土地。なわばり。「―を荒らす」

  1. 近世の上方で、新町・島原以外の遊郭・色町。

  1. 罪人の送られる島。特に近世では、八丈島・三宅島など。「―流し」

  1. 手がかり・助けとなる物事。「取りつく―もない」

[名](スル)《「揣」「摩」は共におしはかる意》他人の気持ちなどを推量すること。

詩心を刺激し、作詩の心を起こさせる不思議な力。

  1. 2種以上の色糸を使って織り出した縦または横の筋。また、その織物。その筋模様の出し方で、縦縞・横縞・格子縞などという。

  1. 縞織物の筋に似た模様。「腹に―のある魚」

地球内部の、シアルの下の層。地殻の玄武岩質層にほぼ相当する。古くはマントル物質をさしたこともある。珪素 (けいそ) (Si)とマグネシウム(Mg)が多いことからいう。

[接尾]

  1. 名詞、その他状態を表す語に付いて、そのようなようすであることを表す。さま。

    1. 「思はぬに横―風のにふふかに覆ひ来ぬれば」〈・九〇四〉

  1. 時日を表す名詞に付いて、早々の意を表す。

    1. 「正月―から馬だの牛だのと引き連れて」〈滑・浮世風呂・三〉

出典:gooニュース