1. 尺貫法の容積の単位。1合の10分の1。約0.018リットル。せき。

  1. 尺貫法の面積の単位。1坪の100分の1。約0.033平方メートル。

  1. 登山の路程で、1合の10分の1。全行程の100分の1。

束帯着用の際、右手に持つ細長い板。もとは備忘のため笏紙 (しゃくし) をはるためのものであったが、のちにはもっぱら威儀を整える具となった。木や象牙で作る。さく。こつ。

[補説]「笏」の字音「コツ」が「骨」に通うのを避けて、長さが1尺ほどであるところから「尺」の音を借りて当てたもの。
[名]
  1. 尺貫法の長さの基本単位。1寸の10倍。1丈の10分の1。1尺は、曲尺 (かねじゃく) では約30.3センチ、鯨尺では約37.9センチ。

  1. 長さ。たけ。「尺が足りない」「尺を測る」

  1. 物差し。さし。

[接尾]《「隻 (せき) 」の借字》助数詞。魚などを数えるのに用いる。
    1. 「腰に鮭の一二―なきやうはありなんや」〈宇治拾遺・一〉

  1. 柄杓 (ひしゃく) 。

  1. セリ科の多年草。高さ約90センチ。葉は羽状複葉。5~7月ごろ、白い小花が集まって傘 (かさ) 状に咲く。やまにんじん。

酒を杯につぐこと。また、つぐ人。「酌をする」「酌を呼ぶ」

「―する小しゅんを昵 (じっ) と視詰 (みつ) めて」〈小杉天外・初すがた〉

  1. 中国古代の温酒器。3本足の青銅器で、殷 (いん) 代から代にかけて祭器として盛行した。

  1. 中国古代の諸侯またはその臣の身分を表す称号。周代には、諸侯は公・侯・伯・子・男の五等、臣下は卿 (けい) ・大夫 (たいふ) ・士の三等があった。

  1. 明治憲法で定められた華族の世襲的身分階級。公・侯・伯・子・男の五等があった。

[名]胸や腹が急に痙攣 (けいれん) を起こして痛むこと。さしこみ。
[名・形動]腹が立つこと。不愉快で、腹立たしいこと。また、そのさま。「いちいち癪なことを言う」
[補説]「癪」は国字。

〈石〉⇒せき

〈赤〉⇒せき

〈昔〉⇒せき

〈迹〉⇒せき

〈惜〉⇒せき

〈責〉⇒せき