• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[動ラ下二]さる」の音変化。
  • 「白く―・れたる頭なり」〈盛衰記・一九〉
[助動]《尊敬の助動詞「せ」に尊敬の助動詞「らる」の付いた「せらる」の音変化。近世語》四段・ナ変動詞の未然形に付いて、尊敬の意を表す。なさる。→さしゃる
  • 「かか様の死なしゃれぬ様にして下され」〈浄・阿波鳴渡
[補説]もと下二段型活用「しゃれ・しゃれ・○・○・しゃるれ・○」で、のちに四段型活用「しゃら・しゃり(しゃっ)・しゃる・しゃる・しゃれ・しゃい(しゃれ)」となる。「きさまの着物も、薄綿になっては夫限 (それぎり) だと思はっしゃい」〈滑・浮世風呂・前〉のように上接する動詞語尾との間に促音が加わり、「っしゃる」となることもある。