1. ある仕事を主として取り扱うこと。また、その人。

  1. 官庁・学校などで、その長の命を受けて一定の業務を管理する職。また、その人。「指導主事」

  1. 禅宗で、僧職の監寺 (かんす) 維那 (いな) 典座 (てんぞ) 直歳 (しっすい) の総称。

主となって治療に当たること。

主語2

  1. 朱で書いた文字。朱文。

  1. 印章で、文字の部分を凸形に彫って、文字が朱色に出るようにしたもの。朱文。⇔白字 (はくじ) 

密教で、仏・菩薩 (ぼさつ) の象徴として書き表す梵字 (ぼんじ) 。種字。種子字。→しゅうじ(種子)

出典:青空文庫