[名]
  1. 魚介類や蔬菜 (そさい) ・果物などの、最も味のよい出盛りの時期。「旬の魚」「たけのこの旬」

  1. 物事を行うのに最も適した時期。「紅葉狩りの旬」

  1. 古代、宮中で行われた年中行事の一。天皇が紫宸殿 (ししんでん) に出御、臣下に酒を賜り、政務を聞く儀式。もとは毎月1日・11日・16日・21日に行われたが、平安中期以後は4月と10月の1日だけとなった。4月を孟夏 (もうか) の旬、10月を孟冬 (もうとう) の旬といい、合わせて二孟の旬という。このほか、朔旦 (さくたん) 冬至の旬など、臨時の旬もあった。

[形動]評判になっているさま。また、最新であるさま。「もっとも旬な話題」
  1. しわ。ひだ。

    1. 「麻の葉のような―のある鞍馬の沓脱」〈鴎外青年

  1. 皴法 (しゅんぽう) 

[副]しょげかえって声も出ないさま。元気をなくして沈んでいるさま。「こっぴどくしかられてしゅんとなる」

出典:青空文庫

出典:gooニュース