1. 多くの家。多くの家門。しょけ。

  1. 多くのいろいろな人。特に、その道の専門家・研究者として認められている人々。「諸家の意見を聞く」

  1. 夏のはじめ。はつなつ。 夏》「建ちてすぐ薪割る水辺―の家/月舟」

  1. 陰暦4月の異称。

課せられること。割り当てられること。また、そのもの。

「大納言入道負けになりて、―いかめしくせられたりけるとぞ」〈徒然・一三五〉

本を並べて置く棚。本棚。

  1. 文字を書くのが巧みな人。能書家。

  1. 書道の専門家。書道家。

暑さのきびしい夏。

古く中国で、四方の夷狄 (いてき) に対して、中国本土、またそこの諸侯の国々をいう語。

出典:青空文庫