1. 和歌・俳句などのはじめの句。第1句。

  1. 漢詩、特に絶句の起句。

唐音

  1. 仏前に置き、香華を供える机。茶の湯にも用いる。

  1. 食卓。

  1. 食べること。「食が細い」「食を断つ」

  1. 食べ物。「食に飢える」「低カロリー食」

  1. 食事。また、その回数を数える語。「三食昼寝付き」

  1. 扶持米 (ふちまい) 。食禄 (しょくろく) 。

ある天体の全部または一部を、他の天体が覆い隠す現象。日食月食のほか、星食(掩蔽 (えんぺい) )、惑星による衛星の食、連星における食、静止衛星が地球の影に入って太陽電池パネルに光が当たらない状態などもいう。

ぞく(続)」に同じ。

中国の地名・国名。

現在の四川省、特に成都付近の古称。

昔、中国で、車の前に設けた横木。車中で敬礼するときに手をついたところ。

仕事などを頼みゆだねること。依頼。「嘱に応じる」

  1. ともしび。あかり。「燭を取る」

  1. 光度の単位。日本では昭和26年(1951)以来、同36年カンデラを採用するまで用いられた。1燭は1.0067カンデラ。燭光。

  1. 担当する務め。また、その地位。職務。「会長の職につく」「管理職」

  1. 生活を支えるための仕事。職業。「職を探す」「職を失う」

  1. 身についた技術。技能。「手に職をつける」→職として

古代中国の、金属製軍楽器の一。鐸 (たく) に似た形で、行軍のときに打ち鳴らした。

古代・中世の刑法上の特典。犯罪者の身分に応じて、銅や布・稲などを納めることで罪を許されたもの。ぞく。

[名・形動ナリ]ぞく(俗)」に同じ。
  • 「姿悪くは、いづれも―なるべし」〈花鏡

[接尾]

  1. 助数詞。色数 (いろかず) を数えるのに用いる。「三色かけ合わせ」「二四色の色鉛筆」「三色刷り」

  1. 名詞に付いて、その様子がみられる、傾向があるなどの意を表す。「郷土色豊かな祭り」「対決色を強める」

〈属〉⇒ぞく

〈続〉⇒ぞく

出典:gooニュース