1. レイシフジバカマ。転じて、香りがよい草。

  1. 性質・才能・人徳のすぐれた人のたとえ。「芝蘭の友」

ラン科の多年草。湿ったがけなどに生え、高さ約50センチ。葉は長楕円形で、互生する。初夏、紅紫色の花を開く。塊茎を漢方で白及 (びゃっきゅう) といい止血薬にする。観賞用に栽培。朱蘭。 夏》「ゆふかぜのしじに―の一トむしろ/万太郎

珪素 (けいそ) 水素化物の総称。一般式SinH2n+2で表され、モノシランジシラン・トリシラン・テトラシランなどがある。ふつうはモノシランをさし、悪臭をもつ無色の気体で有毒、空気中で自然発火する。半導体用の高純度珪素の製造原料。珪化水素。水素化珪素。シランガス。

[連語]《動詞「し(知)る」の未然形に打消しの助動詞「ず」の連体形の付いた「しらぬ」の音変化。終助詞的に用いる》疑問語に呼応して、疑問の意を表す。→かしらん
  • 「川岸 (かし) の問屋へ仕切を取りに出る筈だが、なぜ来 (こ) ねえ―」〈滑・浮世風呂・三〉

夏卵