文字、特に漢字の解釈。

繰り返して、また定期的に行われる物事の、次の回。次の時。

頭部の両側にあって外耳孔を囲んでいる貝殻状の突起。哺乳類にあり、音を集める働きがある。耳。耳殻 (じかく) 。

[名](スル)自分の言動を自分でいましめ慎むこと。「おごり高ぶらないように自戒する」

自分の才能や地位などを隠して世にあらわさないこと。

[名](スル)外部からの働きによらずみずから壊れること。「内部紛争から組織が自壊する」

仏語。戒を堅く守ること。六波羅蜜 (ろくはらみつ) の一。⇔破戒

慈愛のこもったおしえ。

中国の辞書。舒新城 (じょしんじょう) ら編。1936年、中華書局刊。親字を部首画引きによって配列し、その下に熟語を並べたもの。文語が主。

磁力の働いている空間。磁石や電流の周りに生じる。磁界の強さを表す単位はアンペア毎メートル。磁場 (じば) 。