漢字を構成する点や線。また、その数。「字画を数える」

文字、特に漢字を書く上での法則。

寺の格式。勅願寺・祈願寺・門跡 (もんぜき) 寺院、また、本山・別院・末寺などの類。

[名](スル)
  1. 自分の置かれている位置・状態、また、自分の価値・能力などをはっきり知ること。「自覚が足りない」「体力の衰えを自覚する」

  1. 仏語。自ら迷いを断って悟りを開くこと。⇔覚他 (かくた) 

天球上で、天の両極を通る大円(時圏)が、天の子午線となす角。子午線を零時とし、角度を時間の単位に換算して、西回りに24時まで数える。15度で1時。

直腸や肛門周辺の静脈が鬱血 (うっけつ) し、いぼ状になった状態。出血や痛みを伴うことが多い。いぼ痔。