• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

花粉が、同一の花の雌しべの柱頭につくこと。栽培植物に多くみられ、野生植物にはこれを避ける傾向がある。

雌雄同株の植物で、花粉が同株の花の雌しべについて受粉が起こること。

[生物/生物学の言葉]カテゴリの言葉