1. 自分の家から出した火事。「自火で家を失う」

  1. 自分の心の迷いから起こる苦しみ。

    1. 「臆病の―に攻められて」〈盛衰記・一〉

自分の犯したとが。

「―遁 (のが) れ難きに依って、身を隠しかね」〈太平記・二二〉

  1. 自分の家。

  1. 自分。自分自身。

    1. 「まず―の所信を吐くべしだ」〈独歩・牛肉と馬鈴薯〉

自分の作った和歌。自作の歌。

《「じき」の音変化》間に他のものを入れないこと。直接。「直の取引」「直談判」→じかに

このごろ。当節。目下 (もっか) 。多く手紙の冒頭のあいさつに用いる。「時下春暖の候」

その季節の花。

その時の商品としての価格。「時価数百万円の宝石」

[名](スル)
  1. 磁界内に置かれた物体が磁気を帯びた状態になること。また、その強さ。帯磁。

  1. 陶磁器の生地が溶けてガラス状になること。

磁石や磁性体磁極間に働く力の源になるもの。電気に対する電荷のように、単独では存在しないが、仮想的・形式的にN極に正の磁荷、S極に負の磁荷があると考え、磁気量として測られる。実際には、N極とS極が対になった磁気双極子が一定方向に揃って分布することで磁気が発生する。

出典:青空文庫