祖霊、農神ともされる神。屋敷内や辻 (つじ) ・田のそばに祭る。地主神 (じぬしがみ) 。じしん。

  1. 扇や傘などに張るために、その形に切った紙。

  1. 金銀の箔 (はく) などを張りつける下地の紙。

  1. 紋所の名。扇の地紙をかたどったもの。

  1. 入れ髪やかつらなどではない、自然に生えている頭髪。地毛 (じげ) 。自毛 (じもう) 。

  1. 頭巾などをかぶらないで、髪をあらわにすること。

    1. 「宵は綿帽子、更けては―、夜歩 (あり) き足音かるく」〈浮・一代女・五〉

出典:青空文庫