• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

地球大気の最上層部。大気はほとんど電離しているが、帯電粒子の運動が地球磁場に支配されている領域で、地球に吹きつける太陽風が地球磁場の影響で侵入できない範囲をいう。

昭和53年(1978)9月に打ち上げられた科学衛星EXOS-B (エクソスビー) の愛称。東京大学宇宙航空研究所(後の宇宙科学研究所、現JAXA (ジャクサ) )が開発。名称は地球の「磁気圏」に由来する。近地点遠地点が大きく異なる楕円軌道をとり、磁気圏のプラズマと波動の相互作用などを観測した。昭和60年(1985)に運用終了。