禅宗の寺院で、衣鉢 (いはつ) を看守する当番。

仏語。

  1. 仏道悟りに到達するのに最も近い道。直路 (じきろ) 。

  1. 他の力に頼らないで、直接に仏道を知ることのできる者。人間のこと。

寺院で、僧が食事をする所。また、そのための建物。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

出典:青空文庫