漢和字書。原形は3巻か。著者未詳。平安後期ごろに成立。零本。漢字を部首によって配列し、漢字による反切・類音・字義などの注、片仮名・万葉仮名による字音・和訓の注などを記す。

外耳道やその奥にある鼓膜などを検査するための医療器具。ふつう、金属製で漏斗形をしており、耳の穴に差し入れて用いる。

[名](スル)警察官などの取り調べに対し、容疑者・犯人が自己の犯罪事実などを申し述べること。また、その述べた事柄。「犯行を自供する」

自分をほこること。自慢。また、自負。

「―心の高い彼にとって」〈中島敦李陵

[名](スル)みずから努め励むこと。「ひたすら―して倦 (う) むことを知らず」

仏語。理すなわち本体と、事すなわち現象とを区別する教えのこと。天台宗が説く化法 (けほう) 四教のうちの三蔵教別教

常に身から離さずに持っていて、読誦 (どくじゅ) する経文。法華経をさすことが多い。