次の時期・期間。「次期会長」

[名](スル)
  1. 自分で書きつけること。また、書いたもの。「住所氏名を自記する」

  1. 機械が自動的に符号や文字を記録すること。

自分の良心に反した言動を、それと知りながらすること。自己欺瞞 (じこぎまん) 。

自分自身に失望してすてばちになること。やけ。「自暴自棄」

事件を中心にして書いたもの。

たべもの。食物。

「諸 (もろもろ) の鬼は人の―を盗みて食 (くら) ふを役とす」〈今昔・九・三六〉

季節。特に、1年のうち、そのことが盛んに行われたり、そのことに最もふさわしかったりする時期。シーズン。「行楽の時季」「時季外れ」

  1. ある幅をもった時。期間。「入学の時期」「時期が重なる」

  1. その時。そのおり。「時期が来ればわかる」

何かを行うのによい機会。しおどき。しお。「時機を見て行動する」「時機到来」

土器より堅い焼き物。磁器成立以前の原始的なものをさすことが多い。

言葉遣い。言いぶり。

「容貌―は徳行の華采なり」〈中村訳・西国立志編

磁力の根源と考えられるもの。一般には磁石どうし、または磁石と電流との相互作用に関する現象。また、磁極に蓄えられている物理量

素地 (きじ) のガラス質が磁化して半透明となり、吸水性のない硬質の焼き物。陶器より高火度で焼かれ、たたくと金属的な音がする。中国で創製され、日本では江戸初期の有田焼に始まる。→陶磁器

[名・形動]
  1. 間に人や物を置かずにすること。また、そのさま。直接。じか。「直の兄」

    1. 「―にお奉行様に差し出したい」〈鴎外・大塩平八郎〉

  1. まっすぐであること。また、そのさま。一直線。

    1. 「両の耳は竹を剝いで―に天を指し」〈太平記・一三〉

  1. 直取引 (じきとりひき) 」の略。

    1. 直 (す) ぐ[用法]

[副]時間的、距離的に近いさま。すぐ。「もう直春だ」「学校は直そばだ」
[接尾]部屋の大きさを畳の数によって表すのに用いる。「八畳敷き」

出典:青空文庫