つぎの週。来週。

自分が所属する宗派。

[名](スル)自分で身を修めること。人から教えを受けないで、自分で学問を身につけること。「彫金の技法を自修する」
[名](スル)自分で学習・練習すること。「自習時間」「自学自習」

浄土教系の一宗で、平生を臨終の時と心得て称名念仏する宗派。鎌倉時代、一遍智真によって開かれ、地方を遊行 (ゆぎょう) し、賦算 (ふさん) を行い、民衆を教化した。総本山は神奈川県藤沢市の清浄光寺。遊行宗。臨命終時宗。

時節の食べ物。特に、神仏への時節の供物。

《「論語」学而の「学びて時に之を習う」から》学んだことを時々復習すること。

出典:青空文庫