1. 念仏を唱える僧俗。

  1. 時宗の僧俗。また、時宗のこと。

  1. 土地の持ち主。じぬし。

  1. その土地の守り神。地主の神。

三綱 (さんごう) の一。寺の雑事をつかさどる僧。てらし。

他からの干渉や保護を受けず、独立して事を行うこと。「自主の精神」「自主性に欠ける」「自主独立」

[名](スル)自分の力で守ること。
[名](スル)犯罪事実または犯人の発覚する前に、犯人が自ら捜査機関に犯罪事実を申告し、その訴追を求めること。刑が減軽または免除されうる事由となる。

ある言語で用いられる文字の種類。特に漢字で異なる文字と認められる一つ一つの文字。「教育漢字の字種は1006字とする」

[補説]漢字の場合、標準的な文字についてその種類を数える。異体字等については字種に含めることもあるが、楷書行書草書などの筆記体や、明朝体宋朝体ゴシックなどの活字体の違いは、ふつう字種の違いとはしない。

出典:青空文庫