1. 律令制で、公田の賃租料。公田の余地を人民に貸し付けて耕作させ、収穫の5分の1を国家が収納したもの。

  1. 荘園制で、田・畑・屋敷などに課した雑税。米で納めるのを地子米、銭で納めるのを地子銭という。

人差し指。

2番目の子。次男。また、すぐ次の子。

[名](スル)自殺。意思的な死を非道徳的・反社会的行為と責めないでいう語。
  1. 自分の思うがままに行動すること。わがまま。きまま。

  1. 夏安居 (げあんご) の最後の日に、僧たちが安居中の罪過の有無を問い、反省懺悔 (さんげ) しあう作法。

子供。

「婦を娶り―を生みたり」〈中村訳・西国立志編

  1. 貴人のそばに仕える書記。右筆 (ゆうひつ) 。

  1. 《直接渡すのを遠慮して、右筆を通じて差し上げる意》手紙の脇付 (わきづけ) の一。宛名に添えて敬意を表す。

(梵)Maitreyaの訳。弥勒と音写》弥勒菩薩 (みろくぼさつ) の異称。慈氏尊。

磁気モーメント量子力学的な基本単位。電子の磁子はボーア磁子核子の磁子は核磁子という。

上から2番目の姉。長姉 (ちょうし) の次の姉。

出典:青空文庫