• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[名]
  1. おんな。女性。婦人。また、むすめ。

  1. 二十八宿の一。北方の第三宿。うるきぼし。女宿。今の水瓶 (みずがめ) 座中の西部をさす。

[接尾]女性の名や号に付けて用いる。「千代女」「秋色 (しゅうしき) 女」
  1. 物事の順序。物事の秩序。「長幼の序」

  1. 物事の始まり。発端。また、初めの部分。糸口。

  1. 書物や詩文の初めに書き添える文。序言。「恩師に序を乞う」「序を寄せる」⇔跋 (ばつ) 

  1. 序詞 (じょことば) 」に同じ。

  1. 舞楽などで、1曲全体または1曲中の舞などを序・破・急の三つに分けた場合、その最初の部分。→序破急

  1. 歌舞伎浄瑠璃で、各作品・各段の最初の場。また、1日の最初の上演狂言。序幕。大序。

  1. 地歌箏曲 (そうきょく) で、手事 (てごと) の初めの部分。まくら。

他人の立場や心情を察すること。また、その気持ち。思いやり。

割ること。割り算。除法。「加減乗除」

しょ

出典:gooニュース