• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「じじいばしょり(爺端折)」の音変化》着物の背縫いの裾の少し上をつまんで、帯の後ろの結び目の下に挟み込むこと。じんじばしょり。

「―の頰冠 (ほおかむ) りや、赤い腰巻の姉 (あね) さんや」〈漱石草枕