• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「すがり」とも》

  1. 網製のびく。サザエ・アワビなどを入れる。

  1. 網のように編んだ数珠 (じゅず) の房。また、法師が数珠を入れたり、山伏がほら貝などを入れたりするのに用いる袋。

鉱脈や岩石などの中にできた空洞。水晶や方解石などの美しい結晶鉱物を産することがある。かざあな。

[副]たやすく事が行われるさま。刃物で物を切るさまなどにいう。「すかりと切る」