《形容詞「酸 (す) し」の終止形から》

  1. 塩をふった魚介類を飯とともに漬け、自然発酵によって酸味を生じさせたもの。熟 (な) れずし。生熟れ。 夏》

  1. 酢で調味した飯に、生、または塩や酢をふりかけた魚などの具を配した料理。握りずし散らしずし蒸しずしなど。酢は暑さに耐えるので夏の食品とされた。 夏》

[名・形動ナリ]

  1. なれなれしいこと。出過ぎていること。また、そのさま。

    1. 「すこし―に見えて、幅のなき男」〈浮・一代男・六〉

  1. 人情の機微に通じていること。また、そのさま。粋 (いき・すい) 。

    1. 「おのが妻恋ひ、やさしや―や」〈浄・曽根崎

出典:青空文庫

出典:gooニュース