江戸時代、寒中に裸で縄の鉢巻きをし、腰に注連縄 (しめなわ) を巻き、扇や錫杖 (しゃくじょう) などを持って歌い踊り、物乞 (ものご) いをしたこじき僧。上方で、誓文払いに商人の代参をした願人 (がんにん) 坊主に始まるという。すたすた坊。