• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
《原題Brave New Worldハクスリーの小説。1932年刊。科学の発展により人間は胎児工場で製造され、睡眠学習の効果で誰もが幸福を感じているという世界を描いたディストピア小説。みごとな新世界。
池沢夏樹の長編小説。平成12年(2000)刊行。平成13年(2001)芸術選奨受賞。

[文学/戦後の作品]カテゴリの言葉

[文学/外国の作品]カテゴリの言葉